CamiApp S
Top 最終更新日 2018/07/17

■ CamiApp S (キャミアップ エス) Kokuyo
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/camiapp-s/index.html

# タブレットやスマホとつないでチト使ってみましたが、なかなか良い。たぶんWACOM BAMBOO FolioはA4タイプを買ったのででかくて重くて使いにくかったが、CamiApp SはA5タイプなんでなかなかいい。それと、DropboxやEvernoteなどのクラウドとの連携やOCRなども含めてWACOM BAMBOO Folioはいいみたい。あぁ、あくまでも個人の感想です(笑)
・ OCRは説明書によると認識率80%みたいに書いてありますが、なんせ手書きの上に私の悪筆。だいたい50%くらいかなぁ。

# 170823: CamiApp Sは一言でいうと、「紙のノートに書いたデータ(絵や文字)」をデジタル化するアイテムです。同様なものに「WACOM BAMBOO Folio」があります。実は、私「WACOM BAMBOO Folio」も持ってますが、「?」。どうも私は「WACOM」製品とは相性が悪いようで、今までいくつか買ったアイテムは全てお蔵入り。そもそも、私が「デジタルテキスト派」だからかなぁ〜。さてCamiApp Sはどうだろう?

購入したのはCamiApp S(NST-CAS-PA5)でAndroid版の「メモパッド」タイプ。

・ 大きさ: W186×H243×D17mm
・ 重さ: 約460g(メモパッドを含む)
・ 保存可能ページ数: 約100頁。
・ 通信方式: Bluetooth Ver.2.1+EDR
・ NFC対応
・ 電池: 約5日間(1日約2.5時間の会議使用)

【簡易取説】

# アクションマーカーシート
「アクションマーカーシート」を使うと、データ保存時に自動でタグ付けやクラウドサービスへのアップロードなどの動作をすることができる。
・ ACTIONに「1」と書いてSAVE → (例)Dropboxにアップロード。
・ ACTIONの設定は、「設定」→「アクションマーカー設定」で行う。

# メモパッドが剥がれる。 粘着シートにゴミがついているので、水またはアルコールで拭く。

# LEDランプ
bluetooth
・ 消灯: オフ
・ 点灯(青): オン
・ 点滅(青): オン(ペアリングモード)

ステータス
・ 点灯(緑): 電源オン
・ 点灯(オレンジ): 筆記中
・ 点滅(赤): エラー

バッテリー
・ 消灯: 充電完了、充電不要
・ 点灯(オレンジ): 充電中
・ 4秒毎の点滅(オレンジ): 電池残量少
・ 1秒毎の点滅(オレンジ): 要充電

# ペアリング
電源スイッチを、ステータスLEDが点灯するまで長押し(1秒以上)して、電源をいれる。
bluetoothのスイッチを5秒以上長押しすると、LEDが点滅してペアリングモードになる。
専用アプリでペアリングする。

# 本体リセット
本体電源オフの状態で、bluetoothスイッチと電源スイッチを同時に3秒以上長押しする。全てのLEDが順番に点滅する。
電源スイッチを押したまま、bluetoothスイッチを必要回数押して、電源スイッチを離す。
1回押し: 本体設定のみリセット。データは消えない。
2回押し: 本体データ削除。
3回押し: 本体設定をリセットし、本体データ削除。

統計表示