芸能界の移籍問題と後発医薬品
Top 最終更新日 2018/07/17

■ 180119: 芸能界の移籍問題と後発医薬品

http://news.livedoor.com/article/detail/14178054/

【開発】

・ Aプロダクションが芸能人を育てる。しかし、中にはものにならない芸能人も多く、そのコストは売れた芸能人の収益から調達する必要がある。

・ A製薬会社が新薬を開発する。しかし、中には開発倒れの研究も多く、そのコストは製品化されて売れた新薬の収益から調達する必要がある。

【移籍・後発薬】

・ Aプロダクションから芸能人がBプロダクションに移籍する。まぁ、Bプロダクションは、ぶっちゃけ丸儲け?業界の詳細はわからないが、Aプロダクションの収入はゼロになるね?

・ A製薬会社の後発薬をB製薬会社で製造販売する。この場合にはA製薬会社でも先発薬を併売するわけだから、同じ値段では後発薬は売れない。そこで後発薬は安くすればそこそこ売れる。というより、国の後発薬の推進策で後発薬の方が売れる。おまけに開発リスクも無い。そこでだが、先発薬はコストの回収が終わったということで安く出来ないのか?会社の構造から安くできないなら、後発医薬品専門の子会社を作って後発薬を出せばいいんじゃないか?というより、製造管理コストの安い子会社に先発薬を移管して、そこから安価な先発薬は出せないのか?

※ 最近はMRのリストラ問題も賑やかだが、以前はともかくMRの存在価値は低下している?そしてMRを抱えるコストは?いってみれば、小売店舗を抱えるドコモと、かかえない格安スマホの会社のような構図か?
 

統計表示