特定商取引法と歯科医療
Top 最終更新日 2018/07/17

■ 170705: 平成29年12月1日に施行される、特定商取引法の施行令の改正で、歯科医療においては歯牙漂白(ホワイトニング)が「特定継続的な役務」として追加されます。これによって、契約金額によっては契約時の文書の交付やクーリングオフの対象、途中解約の際の賠償金(キャンセル料?)の上限などが設定されるようです。

・ 改正施行令: http://www.caa.go.jp/trade/pdf/trade_index_1_170703_0001.pdf

・ 施術が1カ月を超えて継続し、5万円を超える契約の場合、クーリングオフや中途解約ができるようになる?

 

統計表示