薬剤のワンポイント
Top 最終更新日 2018/07/14

■ 服用時の注意
 薬の服用時は、原則として「水」又は「湯冷まし」で服用する必要がある。以下のようなものを併せて飲んだ場合には注意が必要だ。飲むときには、ある程度時間をおいて。食後、水で薬を飲んだ後に、お茶を飲んだりはしやすいかなぁ。
# グレープフルーツ: 薬によっては薬効の増強などが見られるので注意。
# コーヒー・紅茶・緑茶: 含まれるカフェインが、精神神経薬などに拮抗して抗痙攣作用を減退させるので注意。
# 牛乳: テトラサイクリンの服用時には注意。

■ 喫煙の影響
# ビタミン剤: ビタミンB・Cなどの水溶性ビタミンの効果が減じる。喫煙者は骨形成に必要なミネラルを多く消費する。
※ 薬剤関係の本には「喫煙者にビタミン剤を処方するときは増量する」と書いてあるが、禁煙した後に処方する対応ではダメなのかな?嗜好品の喫煙のために、処方量を増やすというのはなんとなく理解できない。

■ アルコールの影響
# セフェム系抗菌剤: 薬の種類によっても異なるが、薬の服用時はもとより服用終了後一定期間は禁酒が望ましいものもある。服用中の飲酒により、頭痛や嘔吐の副作用が伴うものもある。
# 催眠鎮静剤・抗不安剤: 服用したら禁酒が望ましい。服用時に飲酒すると中枢神経の抑制作用が増加することがある。
# 酸性解熱消炎鎮痛剤: 服用したら禁酒が望ましい。服用時に飲酒すると胃腸障害をおこすことがある。

■ 主な歯科処方医薬品
# アズレイうがい液4%
# アフタゾロン
# カロナール錠200
# サワシリンカプセル250
# ジスロマック錠
# ロキソニン錠

■ 牛乳の影響
# テトラサイクリン塩酸塩。ドキシサイクリン塩酸塩水和物。ミノサイクリン塩酸塩。
# テトラサイクリン系の抗生物質と牛乳を同時に服用すると、腸管からの吸収が阻害されて効力が減じる。
# 仮に、牛乳を飲んだら、2〜4時間おいてから服用する。

■ 薬の副作用
# 副作用の無い薬は無いとも言える。
# アレルギー: 抗原抗体反応なので、2度目以降の服用時に注意が必要である。
# 催奇形性、薬物依存性、発がん性。
# 歯科治療に際して重要なのは、服用によって口腔内に「歯肉の腫脹」「出血」「口腔乾燥」などの副作用を生じるケースである。

■ 薬の相互作用【詳細
# 特に、高齢者の患者さんが多い歯科医院では要注意ですね。医科から多種の薬剤の処方を受けているケースは多いですからね。
※ これは、各薬剤の使用上の注意を読むしかないが以下に主なものをあげる。
# アセトアミノフェン(カロナール錠等)
・ ジドブシンとの併用でジドブシンの作用を減弱させることがある。
・ ジドブシンとの併用でジドブシンの骨髄抑制作用を増強させることがある。また重篤な肝毒性の発現の報告もある。
# アドレナリン含有の浸麻(キシロカイン・オーラ)
・ 抗うつ剤を中心とした精神神経薬の服用患者に使用すると血圧上昇や低下をきたすことがある。
# 降圧剤
・ 非ステロイド系抗炎症薬との併用で降圧作用減弱。
・ 抗うつ剤を中心とした精神神経薬の服用患者 アドレナリン含有の浸麻を使用すると血圧上昇や低下をきたすことがある。
# セフェム系抗生物質(N-メチルテトラゾールチオメチル基を有するもの)
・ ワルファリンとの併用で、ワルファリンの抗凝血作用を増強し、低プロトロンビン血症、出血等が生じることがある。
・ 低プロトロンビン血症、出血等に対してはビタミンK剤の投与が有効。
・ アルコールとの併用で、ジスルフィラム様作用が発現し、頭痛、めまい、嘔気等があらわれることがある。

■ 抗菌剤
・ 菌交代現象の回避のために狭範囲スペクトルの薬剤が望ましいと言われるが、そのためにはターゲットとなる細菌を特定しなければならないが、一般の歯科診療ではなかなか難しいことなので、どうしても広範囲スペクトルの薬剤に頼りがちだ。
・ アレルギーや既往症や妊娠の可能性などに注意を払う。
・ 処方量や薬剤の効果や処方期間に注意を払う。
・ 歯科適応のある薬剤を選択する。

■ 解熱鎮痛剤・消炎鎮痛剤
・ これらの薬剤は、主に対症療法に使われる。
・ 解熱鎮痛剤にはピリン系と非ピリン系(アセトアミノフェンのみ)がある。
・ 消炎鎮痛剤にはステロイド系と非ステロイド系(NSAIDs)がある。
※ 普通は非ステロイド系(NSAIDs)でしょうかねぇ。ロキソニンなどが代表的ですが。
# 各薬剤の特徴
・ 非ピリン系解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン): 中枢神経系に作用し、他の薬剤に比べて胃腸障害を起こしづらく、比較的小児にも安全で副作用も少ないといわれる。ただし、肝機能障害に注意。
・ 非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs): 非ピリン系解熱鎮痛剤に比べて抗炎症作用が強い。全身に作用し、プロスタグランジンの生合成を阻害して鎮痛作用をおよぼす。プロスタグランジンの生合成の阻害により、胃腸障害をおこす可能性がある。

■ 外用薬
# 歯科でよく使われる外用薬は口内炎関連の軟膏などが主であろうか。それと洗口剤があるかな。

■ 歯科用麻酔薬
# 麻酔薬にはエステル型とアミド型がある。
・ エステル型: アレルギー反応がアミド型に比べてやや多い。プロカイン、ベンゾカイン等
・ アミド型: 肝臓で分解され、エステル型よりも作用発現が速く、持続時間も長い。リドカイン、プリロカイン(プロピトカイン)、ジブカイン、メビパカインなど。
・ シタネスト・オクタプレシン(プロピトカイン塩酸塩・フェリプレシン)
・ キシロカイン(リドカイン塩酸塩・アドレナリン)
・ オーラ(リドカイン塩酸塩・アドレナリン酒石酸水素塩)
・ スキャンドネスト(メビパカイン塩酸塩)
・ ジンジカインゲル20%(ベンゾカイン): 表面麻酔用
# 使用上の注意
・ 血管に麻酔薬を注入しないように注意する。
・ ショックに注意。
(救急処置): 
# 血管収縮剤に注意


■ CRP: C反応性タンパクのことで、肝臓で作られるタンパク質の一種。炎症反応をみる数値。細菌感染症のときにCRPが多く作られ、血中濃度が増加する。しかし、CRPが上昇するのは、細菌感染症だけでないことに注意。関節リウマチのような膠原病や心臓病でも上昇する。

■ アメリカ感染症学会が出した2012年の診療ガイドラインによると、急性副鼻腔炎においては、高熱などの強い症状、10日以上の症状持続、症状が悪化していくものには、抗生物質を使うが、軽い症状のものには抗生物質は推奨されていない。

■ アメリカ感染症学会では細菌性急性咽頭炎にはセファロスポリンを使用しないように推奨している。

■ 順天堂大学の調査によると、日本国内で歯科医が使用する抗生物質の大多数が第三世代のセファロスポリン。口の中の細菌の多くはグラム陽性菌で、陰性菌に効果があるセファロスポリンよりも、アモキシシリンが推奨される。


■ マクロライド(ジスロマック)
心臓病になりやすい。致命的な不整脈の原因になる。
アジスロマイシンは耐性菌が増えている。

統計表示