歯科医療の情報館
Top 最終更新日 2017/09/05
医事法 医療管理
医療保険 医療関係の雑学集
医療の話題 PCの情報館
   
        

★ EBMとNBM
# EBMは良く聞きますが、NBMって何ですか?
・  これはEBM(evidence based medicine)に対応することばで、英国の家庭医が普及に務めている言葉です。
「ナラティブ」とは、本来「語り」という意味で、いってみれば色々な意味での「患者との対話」を指しているそうです。
今後は歯科医療の分野に於いても、EBMだけにとどまらずNBMも重要な治療ファクターとなってくることは間違いがないでしょうね。かつて能力評価の代名詞のように言われていたIQ「知能指数」にEQ「心の知能指数」が加わったのと同様に。

★ MI(MID)
・ MI(Minimal Intervention)・MID(Minimal Intervention Dentistry)のことで、最小限の外科的浸襲を意味します。カリオロジーと接着歯学の進歩によって脚光を浴びてきています。参考サイト: http://www.mi21.net/

★ OTC
# OTCって何ですか?
・ 店頭で購入できる一般医薬品の略称のようです。

★ SPT 【詳細

 ★ あ行  

★ 医科処方薬剤マニュアル 【詳細

★ 医道審議会
 厚生労働省が歯科医師を処分する場合には医道審議会の意見を聞かなければなりません。これは歯科医師法第7条(免許の取消、業務停止及び再免許)で定められています。通常は罰金刑以上に処せられた場合に医道審議会に諮られることになっています。

★ 医療保険には必ず入らなければなりませんか?
 日本は皆保険制度となっておりますので、必ず加入しなければなりません。しかし、中には加入していない人がおり、時には他人の保険証を使って受診するといった保険金詐欺が問題となる場合があります。従って、医療機関の窓口で保険証の資格確認を行う場合には最新の注意が必要です。

★ (当院では)院内処方を行っていますが、患者さんから処方箋を発行して欲しいとの要望があります。処方箋の発行義務はありますか?
 歯科医師法第21条(処方箋の交付義務)において、処方箋を発行しなければならないと定められています。しかし、処方箋の発行を狭義にとらえず、「処方の義務」ととらえ必ずしも処方箋の発行にこだわる必要はないという見解が普通です。実際、院内処方、院外処方のどちらをとるかの選択権は医療機関にあるとされていますから、当院は「院内処方」であるとの説明にて御理解頂くのがよろしいかと思います。なお、21条に「処方箋の発行義務を免じられる場合」の記述がありますので以下を御参考まで。
1 暗示的効果を期待する場合において、処方箋を交付することがその目的の達成を妨げるおそれがある場合
2 処方箋を交付することが診療又は疾病の予後について患者に不安を与え、その疾病の治療を困難にするおそれがある場合。
3 病状の短時間ごとの変化に即応して薬剤を投与する場合。
4 診断又は治療方法の決定していない場合。
5 治療上必要な応急の措置として薬剤を投与する場合。
6 安静を要する患者以外に薬剤の交付を受けることができる者がいない場合。
7 薬剤師が乗り組んでいない船舶内において、薬剤を投与する場合。

★ インターネットにおける医療相談
# インターネットにおける医療相談、医師法第20条に基づき、「健康相談」の域にとどまるべきであり、また個別具体的事項について回答することはできない。(平成10年度 医療法関係質疑応答集より 厚生労働省 健康政策局医事課)

★ インフォームド・コンセント
・ 外来語の言い換えで「インフォームド・コンセント」はなんと変わりましたか?
「納得診療」とのことです。詳細は国立国語研究所のHPを御覧下さい。http://www.kokken.go.jp/public/gairaigo/Teian1/iikaego.html

★ エタノール
# 消毒用エタノールよりも安い消毒薬があると聞いたのですが。
 エタノールIPのことではないでしょうか。これは、エタノールにイソプロピルアルコールを混ぜた物で、飲用できないので酒税がかからず安価のようです。価格は仕入れ先によって異なるでしょうが、うちでは500mlで328円で購入しています。ちなみにエタノールは587円のようです。無水エタノールだと780円ともっと高いです。

★ エピネフリン
 エピネフリンを局所投与した場合、α作用により血管を収縮し、その後血管に吸収されるとβ作用により頻脈・血圧上昇を引き起こすと言われており、高血圧・動脈硬化・糖尿病患者には使用してはいけないとされています。この様なときにはエピネフリンを含んでいないスキャンドネスト・カートリッジなどを使用することが有効とされているようです。

 エンディングノート for Dentists

★ 嘔吐反射
・ 嘔吐反射の強い患者さんに対する対応としては、笑気・キシロカインスプレーなどの方法があるようです。

 ★ か行  

★ ガイドライン

★ 肝炎の感染
# 例えば目の粘膜に血液が飛んで、それが原因で肝炎などが感染しますか?
 感染例があるようです。
* 2002年に大阪府内の病院で、外科手術を行った20才代の女性医師が、感染患者の血液が目の粘膜に付着することによりC型肝炎に罹患していたことが判明。そして、その医師が翌年産んだ赤ちゃんにも母子感染していたとのこと。歯科でも、血液が飛ぶということはよくおこりえる事なので、充分な注意が必要と思われます。

★ 記者クラブ
# 主な業界には記者クラブってありますが、歯科にもあるんでしょうか?
A・約16社で構成される「歯科記者クラブ」というのがあるそうです。以下は伝聞ですが、主要4社は「メディファックス社」「日本歯科新聞社」「歯界報知社」「デンタルニュース21」だそうです。

★ 喫煙とむし歯
・ 中電病院(広島市中区)の平賀裕之・内科副部長が分析した企業検診のデータによると、たばこを吸うと、虫歯になる確率が二倍に増えるとのこと。 全体では、喫煙者のうち38%に虫歯があり、非喫煙者の18%に比べて二・一倍多かった。年齢別にみると、二十〜四十代のどの年代でも喫煙者の虫歯率が上回り、中でも二十代では二・九倍も高かった。三十代で二・一倍、四十代で二・二倍だったとのこと。平賀先生は、「はっきり分からないが、歯周病と同じような(細菌を活発化させる)メカニズムが働いているのでは」と、原因を推測しています。中国新聞040306

★ 救急救命士
# 診療中の患者さんが具合が悪くなったので救急車を呼んで同乗して病院に搬送しました。この場合歯科医師である私が、救急救命士に指示をして救命処置は行えるのでしょうか?
 行えません。救急救命士法第2条の2に「この法律で「救急救命士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、救急救命士の名称を用いて、医師の指示の下に、救急救命処置を行うことを業とする者をいう。」とあります。 

★ 旧六校
# 歯科大学の集まりで、旧6校という言葉をききますが、どこの大学をさしますか?
・ 旧6校とは、大阪歯科大学・日本歯科大学・日大・東京医科歯科・東京歯科・九州歯科をさします。ちなみに、12歯学部とは、北海道医療大・岩手医大・奥羽・日大松戸・明海・昭和・神奈川・鶴見・松本・愛知学院・朝日・福岡歯科のことをさします。

★ クロルヘキシジン
・ クロルヘキシジンの口腔内粘膜への使用は禁止されていたと思いますが、クロルヘキシジンを配合された歯磨き粉が販売されているのはどうしてですか?
 うろ覚えですが、たしか0.1%以上のものは使用禁止ではなかったかと思います。したがって歯磨き粉に配合されているのはそれ以下の量では無いでしょうか。問題はこの様に低濃度のものの効果があるかということですが、あるデータによると最低でも0.12%の濃度は必要とのこと。
PS: 歯磨き粉に入っているクロルヘキシジンは「医薬部外品の薬用歯磨き類」に対しては承認されているようです。クロルヘキシジンにも「グルコン酸クロルヘキシジン」と「塩酸クロルヘキシジン」があるそうで、、、、こうなると良くわからない。
(参考) 日本では口腔内で使用できるクロロヘキシジンの濃度は0.1%である。
0.12%以上のクロロヘキシジンではプラーク形成を80%、歯肉炎を95%抑制できる。クロロヘキシジンを使わない場合にはリステリンが有効であり、
プラーク形成を10%、歯肉炎を40〜50%抑制できる。 

★ 高齢者の根面う触の予防と治療 日本歯科医師会雑誌2014年9月号
・ 根面う触は20歳台からみられ、40歳台以降に急激に増加し、50歳台では50%を超える。
・ 根面部のセメント質や象牙質のう触脱灰臨界ははpH6.4以下で、エナメル質(歯冠部)のpH5.5よりも高い。
・ エナメル質う触の予防法が、根面う触の予防に効果的とはいえない。
・ プラークコントロールとフッ素の利用が大事。場合によってはフッ化ジアミン銀の塗布。
・ 修復処置: 接着システムの機能が発揮できる場合にはレジン充填、う触が歯肉縁下に及び防湿が困難な場合にはグラスアイオノマーセメントの利用。
・ 再発予防には、「セルフケア」と「プロフェッショナルケア」が大事。ただ、PTCの効果は1週間程度。

 ★ さ行  

★ The Dentists! 【詳細

★ 歯科医院を開業したときにどの様な保険手続きが必要ですか?
 一般的には「健康保険」と「国民健康保険」の手続きをします。通常この両者の手続きをすると一般的な医療保険の診療が行えます。その他には「生活保護」「労災」「原爆被爆者の医療等に関する法律」など様々なものがあります。【参考

★ 歯科医院の業務 【詳細

★ 歯科医師の業務 【詳細

★ 歯科技工指示書の記載要件は? 
 歯科技工士法施行規則第十二条(指示書)に以下のように記載されています。
 「設計 」「作成の方法」「使用材料」「発行の年月日」「発行した歯科医師の住所及び氏名」「当該指示書による歯科技工が行われる場所が歯科技工所であるときは、その名称 」

★ 歯科疾患実態調査 (平成23年第10回調査

★ 歯科処方薬剤マニュアル 【詳細

★ 歯科用器材・材料・薬剤 【詳細

 歯周基本治療等の定義
# スケーリング(除石)
歯についたプラーク、歯石その他の沈着物を取り除く。
# SRP
スケーリングに加え、縁下の病的なセメント質を除去し、根面を滑沢にする。
# 歯周ポケット掻爬(PCur)
根面のプラークと歯石を除去した後、更に汚染している根表面を除去し、歯周ポケット内壁の上皮と炎症性結合組織を掻爬する。
# 歯周ポケット掻爬術(P外科)
プラーク及び歯石の沈着している歯根面の滑沢化を行い、歯周ポケット内壁の炎症組織を掻爬する。
# 機械的歯面清掃(歯清)
歯科用の切削回転器具及び研磨用ペーストを用いて行う歯垢除去等をいう。

★ 自賠責などの診療で、保険会社に請求書を出す場合に文書料などの料金を請求できますか?
 できます。金額は様々なようです。なお、保険会社の担当者が病状などの聞き取り調査にくる場合がありますが、この場合は面談料をとることができます。面談料の目安としては、弁護士の相談料などを参考に30分5000円などとするケースが多いようです。

★ 浸麻の注射針による針刺し事故を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。
 うちでは以下の二つの方法を取り入れています。
(1) エイムセーフ(モリタ)の利用: これは針刺し事故防止用のゴムキャップです。安価で有用です。
(2) ハリパックンの利用: これはカートリッジから電動でハリをはずしてプラスチックの収納ケースに収納するものです。その後収納ケースごと感染性廃棄物として処分します。これだといっさい針にさわる必要がありませんので安全です。

★ 睡眠時無呼吸症候群
・ 睡眠時無呼吸症候群と歯科との関連
原因として肥満、顎顔面の形態異常(下顎の後退、頭蓋顔面の奥行きが浅い、舌骨の低位、長い軟口蓋、狭い気道)などがあるそうです。歯科と関連のある治療法として、下顎を前方位に保持、舌を前方位に保持などのポイントがあるそうです。歯科単独で当該病名の診断をすることはできませんが、耳鼻科からの依頼で、アクチバートル式の咬合床で前方位をとる治療法はできるようです。ただし、現在ではこの治療は保険外となります。 → 平成16年4月から保険導入になりました。

★ 選択性緘黙
最初、身体表現性障害のようなものかと思いましたが、全くのハズレのようです。
う〜ん、思い返せばそういった患者さん経験あるなぁ。

デンタルダイヤモンド2011/07号 診断力テストより
# 社会的機能の障害
鶴見大学歯学部 高齢者歯科学 准教授の尾口仁志先生 著
病名: 選択性緘黙(かんもく)
選択性緘黙とは、言語能力は正常であるのに、選択された特定の場面や人に対して、話すことができないという状態で、小児期特有のもので、場面緘黙症とも言うそうです。
これは歯科の病名では無く、歯科診療時の患者さんとのコミュニケーション時の問題である。
その定義は
@ 特定の社会状況では一貫して話すことができない。
A 学業上、職業上の成績、又は対人コミュニケーションを妨害している。
B 持続期間が少なくとも1カ月以上。
C 話すことが出来ないのは、その社会状況で要求される話し言葉の楽しさや知識によるものではない。
D 広範性発達障害、統合失調症、または他の精神病性障害の経過中にのみ起こるものでは無い。
そして、患者さんの不合理で理解しにくい要求として
@ 執拗に抜歯を要求し続ける
A 抜歯を拒否した時に自らヤスリで歯を削る行動を行う。
B ブラッシングを行わないと炎症が原因で歯を失うという説明にも拘わらずブラッシングを拒否する。
などが紹介されています。
また、著者は最後に、本病名について「歯科では本報告のみである」と結んでおり、本症例の患者さんは2年前から心療内科で抗うつ剤を服用中とのことであった。

 ★ た行  

★ 

 ★ な行  

★ ニッケルチタンファイル
・ ニッケルチタンのエンジン用ファイルが根管内で破折した場合、どのように除去したらいいでしょうか?
 ものによってもことなるのでしょうが、ヨシダのK3の破折に於いては、クアンテックを使用するとうまくとれるとに話を聞いたことがあります。

 ★ は行  

★ 抜歯と抗血栓剤
# 欧米の文献: INRが2〜4の場合: この場合は、重篤な出血リスクが小さく、休薬のリスクを考えて抜歯時の抗血栓剤の休薬は行わない。というより、抜歯に際しては休薬してはならないという考え方が多い。
アメリカのWahlの報告: ワルファリン休薬で抜歯した493例中5例で血栓塞栓症が生じ、うち4例が死亡。
アメリカのMaulazの報告: アスピリン治療中の患者が脳梗塞を発症した例において、休薬した場合は薬3.4倍リスクが大きい。抗血栓薬を休薬して抜歯した事例で血栓塞栓症が起こる頻度は1.0〜4.2%程度。
# 出血リスクの減少法:  酸化セルロース又はゼラチンスポンジ + 縫合の併用。
# ワルファリン服用例: INRが3.5以下であれば、1本の普通抜歯においては休薬してはならない。歯科治療のために低容量アスピリンの休薬は不必要。
※ 70才未満では2〜3、70才以上では1.6〜2.6程度が治療域。
# 循環器病学会のガイドライン: 抜歯時には抗血栓薬の継続が望ましい。
# 総合的に言うと、今後は普通抜歯においては「抗血栓剤服用下での抜歯」が標準化され、その条件下で抜歯が不可能な歯科医院においては、可能な歯科医院への依頼という流れになるのではないかと思われる。

★ 抜歯前の休薬
 以下の薬品を服用中の患者において、抜歯などの観血処置を行う場合には必要に応じて休薬する必要がある。
 ただし、最近の循環器病学会のガイドラインでは、簡単な外科処置においては、休薬が不必要とされているものもある。

ワルファリンカリウム 抗血栓薬 ワーファリン
アスピリン 抗血小板剤 バイアスピリン
ビスフォスフォネート 骨粗鬆症 代表的な薬剤
ベラプロストナトリウム 血管拡張剤 ドルナー錠、プロサイリン錠
リマプロストアルファデクス 血管拡張剤 オパルモン錠、プロレナール錠
塩酸サルポグレラート 抗血栓薬 アンプラーグ
ジピリダモール 血管拡張剤 ペルサンチン、ペルサンチン-Lカプセル、アンギナール
シロスタゾール 抗血小板剤 プレタール、プレタミラン
イコサペント酸エチル 抗血小板剤 エパデール
塩酸チクロピジン 抗血小板剤 パナルジン
納豆   ナットウキナーゼは血栓予防作用

★ ビスホスホネート薬剤に注意

ビスホスホネート薬剤(骨吸収抑制剤)で治療を受けている患者さんにおいて、「顎骨壊死」「顎骨骨髄炎」が報告されており、それらの症例の多くは「口腔内の不潔因子」や「歯科処置を含む局所感染」と関連しています。従って当該患者の歯科治療時には抜歯等の侵襲的歯科治療は避けることが必要である。との注意喚起が出されています。

ビスホスホネート系の薬剤使用患者に対する対応

(注意)
1.抜歯などの侵襲的歯科処置はできるだけさける
2.歯科処置が必要な場合、顎のしびれ、痛み、腫れ、骨の露出などがある場合は処方した医師に連絡する。

薬剤名 一般名 適応症 製薬会社など
アレディア パミドロン酸ニナトリウム 悪性腫瘍による高カルシウム血症・乳癌の溶骨性骨転移 ノバルティスファーマ
オンクラスト アレンドロン酸ナトリウム水和物 悪性腫瘍による高カルシウム血症 万有製薬
テイロック アレンドロン酸ナトリウム水和物 悪性腫瘍による高カルシウム血症 帝人ファーマ
ビスフォナール インカドロン酸ニナトリウム 悪性腫瘍による高カルシウム血症 アステラス製薬
ゾメタ ゾレドロン酸水和物 悪性腫瘍による高カルシウム血症・多発性骨髄腫による骨病変及び固形骨転移による骨病変 ノバルティスファーマ
ダイドロネル エチドロン酸ニナトリウム 骨粗鬆症・脊髄損傷後、股関節形成術後における初期及び進行期の異所性骨化抑制 大日本住友製薬
フォサマック アレンドロン酸ナトリウム水和物 骨粗鬆症 万有製薬
ポナロン アレンドロン酸ナトリウム水和物 骨粗鬆症 帝人ファーマ
ベネット リセドロン酸ナトリウム水和物 骨粗鬆症 エーザイ
アクトネル リセドロン酸ナトリウム水和物 骨粗鬆症 武田薬品工業
       

★ ヒールオゾンとは 
 ドイツのKAVO社から発売されているオゾンを使った齲窩の消毒(器械)法です。約20秒照射すると細菌が殺菌されるので軟化象牙質を全て除去する必要がありません。平成17年6月12日現在、日本国内では薬事の認可がとれていません。平成17年の4月頃個人輸入で導入した歯科医院があると聞いていますが詳細は不明です。なお、KAVO製品を取り扱う国内の業者に問い合わせたところ、薬事承認申請は現在検討中とのこと。また、資料の請求をしたところ、国内での配布はできないのでドイツのKAVOから直接送付させるということでした。

★ 服薬指導
# ロキソニンやバファリンといった鎮痛剤は、ガスター等の消化性潰瘍薬との併用禁忌
# テトラサイクリン(ミノマイシン)・ニューキノロン系(クラビット)とガスター等の消化性潰瘍薬との併用により、抗生剤の効果が減弱する。
# サリチル酸系鎮痛剤(バファリン等)と糖尿病薬との併用で相互作用により低血糖がおきる。
# インドメタシン系消炎鎮痛剤と高血圧の薬(ACE阻害剤)との併用で相互作用により降圧作用が弱まる。
# 抗生物質(マクロライド・合成ペニシリン)・ボルタレンと喘息薬(テオドール等)との併用で相互作用により薬が効きすぎて吐き気が出る。特にボルタレンと喘息薬の併用で喘息発作が強くなる。
# 解熱鎮痛剤(ロキソニン・ボルタレン)と風邪薬の併用では重複作用で副作用が起こりやすい。
# 抗血小板剤(ワァファリン・バファリン・パナルジン・プレタール)服用患者の抜歯後の止血剤はトランサミン。
# 食品と薬の相互作用
@ アセトアミノフェンと「あんこ・クラッカー・ゼリー」との併用で吸収が遅れる。
A アスピリンとコカコーラ(ペプシは?)の併用で効果遅延。
B テトラサイクリンと牛乳、グレープフルーツジュース(果物のグレープフルーツでは無いと言われる)の併用で吸収減少。

★ フッ素
# フッ素を効果的に歯牙に作用させるにはどうすれがいいですか?
 なんでもフッ素の粒子をこまくすると歯牙表面への付着率がたかまるそうです。花王のクリアクリーンプラスは2種類の成分が出口で混じることによりこまくしたフッ素成分の微粒子(6ナノメートル)を産生し、従来に比べて5倍のフッ素が付着するそうです。
 フッ化物の齲触予防メカニズムとはどのようなものでしょうか?
 フッ化物の齲触予防メカニズムは、硬組織に対して @ ヒドロキシアパタイトの結晶性の改善 A フロルアパタイトの生成 B 再石灰化の促進による耐酸性の向上。口腔内の環境因子に対して @ 歯垢中細菌の解糖系にたいして抗酵素作用により耐酸性 A 多糖体の合成阻害 B 抗菌作用 などのようです。

★ フッ素洗口剤を歯科医院で処方してはいけないのでしょうか?
 保険給付において、フッ化物洗口剤は予防薬であり医療用医薬品ではなく、薬局で患者が直接購入することになっています。しかし自費扱いとして指導を行い(自費診療を行うという意味)、その際薬剤の処方を行うことは薬剤の授受(売買)でなく純粋な診療行為のため合法である。ただし、混合診療にならないように注意。

★ 保険一部負担金を支払ってくれない患者さんがいますが、どう対応したらいいでしょうか?
 何故支払ってくれないかが一つの問題となりますが、善管義務をもって受診者に請求しても、なお支払われない場合には保険者に請求することが可能です。現在、医療費の不払いが問題化しており、大きな病院では総額で億を超えるケースも見られ、クレジットカードによる支払法を取り入れたり、様々な工夫がなされています。【参考

★ 保険資格の無い場合の私費診療費は保険10割ですか?
 必ずしも保険10割とは限りません。極端な話、保険50割とか100割とかもあり得、また独自の料金体系で診療するケースもありますが、一般的には15〜20割が一つの目安になると思われます。

★ 保険に加入していない方が来院したのですが、どうしたらいいでしょうか?
 色々な方法が考えられますが、原則的には私費で診療を行うことになると思います。また、国民年金保険では遡って加入することができる場合もあるので、速やかに医療保険に加入することにより保険診療として取り扱うことも可能です。

★ 保険には加入していますが、初診時に保険証を持参しない場合にはどのような取扱いになりますか?
A この場合には全額を現金で支払って頂き、その領収明細書をもとに、受診者が保険者から償還払いを受けることになります。問題は、料金の設定です。保険10割で頂くか、あくまでも私費として15〜20割を頂くかですが、これは個々の医療機関の対応になるやと思います。

 ★ ま行  

★ 慢性剥離性歯肉口内炎
慢性剥離性歯肉口内炎の多く(一説には約75%)は、皮膚科的疾患により生じると言われている。その代表的なものとして、扁平苔癬、天疱瘡などの局所所見として見られる場合があり、閉経後の女性に多いとされている。
原因: 全身性疾患、薬物の副作用、アレルギー(金属)、喫煙、精神的影響。
治療法: 歯周病に対する対処。歯科用ステロイド軟膏。
予後: 長期に渡って再発し、難治性と言われている。

★ ミュータンス菌
 ミュータンス菌は、歯磨きなどによって歯と歯茎のポケットから血管内に入る。グルコースの側鎖を持たない高病原性菌は白血球に貪食されにくく、菌血症状態となり、全身に病原性をもたらすとされる。ミュータンス菌は日本の大人の6〜7割は保有しており、生後15カ月〜5年の間に感染するといわれる。

 ★ や行  

★ 薬物性味覚障害
(参考資料)
# 重篤副作用疾患別対応マニュアル
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/tp1122-1.html
・ 感覚器(口) 日本口腔科学会☆薬物性味覚障害
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1s01.pdf
  
★ 薬物性味覚障害(要約)
 
1.早期発見と早期対応のポイント
   
(1) 早期に認められる症状
薬物性味覚障害は複数の薬剤を服用している高齢者に多い。
@ 味(甘、塩、酸、苦)が感じにくい
A 食事が美味しくない
B 食べ物の好みが変わった
C 金属味や渋味など、嫌な味がする
D 味のしないところがある
E 口が渇く
   
(2) 副作用の好発時期
原因となりうる薬剤の服用後、直ぐに発症することもあるが、多くは約2週から6週間以内に味覚障害が起こる。服用中止後も長期にわたって症状が継続し、緩解するまで数か月を要することもある。
   
(3) 患者側のリスク因子
@ 性別: 2:3で女性に多いとされているが理由は不明。
A 年齢: 高齢者に多く、2003年の調査では年間患者数は約24万人。
B 誘発となる疾患: 精神神経疾患、循環器疾患、高血圧症、胃疾患、肝障害、腎障害、癌などの疾患を有する患者は薬物性味覚障害を生じやすい。
C 薬剤の種類の数: 薬剤の中には味覚障害を直接、あるいは間接的に誘発するものも少なくない。多数の薬剤を服用している人は、よりリスクが高いといえる。
D 薬剤の服用期間: 発症リスクは薬剤の服用期間が長期にわたるほど、服用量が増加するほど高くなる。
   
(4) 推定原因医薬品(味覚障害を引き起こす可能性の高い薬剤)
薬物性味覚障害の中で、添付文書に口腔内苦味感が記されている薬剤を表1に示した。その中には催眠鎮静薬、精神神経用薬および循環器官用薬が多い。味覚障害・味覚異常が報告されており、添付文書に記載されている薬剤を表2に示した。味覚障害を起こす薬剤は多品目あり、口腔内苦味感が記されている薬剤と同様に循環器官用薬、催眠鎮静薬、精神神経用薬が多い。
※ 表1: 17頁: http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1s01.pdf
※ 表2: 19頁: http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1s01.pdf
 
(5) 医療関係者の対応のポイント
味覚障害と薬剤との関連を明らかにする。薬剤の副作用欄に味覚障害が明記されている場合や、主訴や既往歴から原因薬剤の可能性が高い場合はその薬剤の休薬を検討する。早期に休薬することで症状の改善、回復に至ることが多い。原疾患治療のため、休薬が困難な場合は薬剤を変更する。
休薬や薬剤の変更によっても、症状の回復が見られない場合は口腔外科や耳鼻咽喉科など味覚検査可能な専門医を紹介する。
  
2. 副作用の概要
   
3.副作用の判別基準(判別法)
   
4.判別が必要な疾患と判別法
味覚障害の原因別頻度については、薬物性味覚障害が最も多く(21.7 %)、ついで、特発性(15.0 %)、亜鉛欠乏性(14.5 %)、心因性(10.7 %)、さらに、嗅覚障害、全身疾患性、口腔疾患、末梢神経障害、中枢性神経障害による味覚障害などが報告されている。
以下、判別の必要な疾患について述べる。
@ 特発性味覚障害
A 亜鉛欠乏性味覚障害
B 心因性味覚障害
C 風味障害(嗅覚障害)
D 全身性味覚障害
E 口腔粘膜疾患: カンジダ感染症、舌炎、舌苔、口腔乾燥により、味蕾の萎縮や味物質の味細胞への運搬が障害される。口腔粘膜疾患の診断特殊な舌炎として鉄欠乏性貧血、Hunter舌炎がある。
F 末梢神経障害
G 中枢神経障害
H 放射線治療
   
5.治療方法
治療の基本は、原因薬剤を特定し早期に中止することである。
・ 治療の要約
@ 原因薬剤の中止・減量
A 亜鉛剤の補給(味蕾の再生促進を期待して補給)
処方例) ポラプレジンク 1.0 g/日 (保険適用外)
処方例) 硫酸亜鉛ZnSO4・7H2O(試薬) 100 mg/回 1日3回など
B 口腔乾燥の治療・唾液流出の促進、口腔の湿潤を保ち、唾液分泌を促進する。
処方例) 人工唾液
処方例) 麦門冬湯 9.0 g/日 など
C 口腔清掃とケア、
含嗽、衛生不良な不適合な義歯などの修理または再制作
  
6.典型的な症例概要

★ 有病者の歯科治療 【詳細

 ★ ら行  

★ 

 ★ わ行  

 

統計表示