給与の支払い
Top 最終更新日 2017/06/21
源泉徴収・年末調整  

■ 給与支払いのワンポイント

★ 121212: 平成25年1月から源泉税額徴収表が変更。詳細は税務署から送られてきた資料を確認のこと。
★ 120727: 源泉所得税改正のあらまし(平成24年4月)
# 納期の特例の承認を受けている事業者の納税期限が、7月〜12月分は翌年の1月20日(以前は1月10日)になった。
※ 1月〜6月分は7月10日から変更無し。
# 給与所得者の扶養控除等申告書等の提出を受けた源泉徴収義務者は、その申告書を7年間保存することが法令に規定された。
※ 平成25年1月1日以後に提出すべき申告書等に適用される。
提出期限の属する年の翌年の1月10日の翌日から7年間。(事実上8年間)
# 復興特別所得税
・ 平成25年1月1日〜平成49年12月31日
・ 復興特別所得税は源泉税の2.1%。
・ 支払額が888,888円で所得税率10%の時
 888,888円×10.21%=90,755.4648(1円未満切り捨て) → 90,755円(源泉税)
※ 平成25年以降源泉税率に変更がある。→国税庁のホームページ。
★ 120227: 平成24年4月から労働保険料率が改定されるようです。
★ 110210: 平成23年4月からの労働保険料は前年度と変わりは無いようです。
★ 110113: 平成23年4月から、国民年金保険料が値下げされるようです。詳細は↓。
★ 100601: 平成23年1月支払い分から、16才未満の扶養控除が廃止。16才以上19才未満の扶養控除の上乗せ分(25万円)が廃止。

■ 源泉所得税の改正

・ 平成26年4月1日以降に支払われる通勤手当の非課税限度額の変更。
・ 自動車等の交通用具を使用している者に支給する通勤手当
・ 片道2Km未満: 全額課税
・ 片道2Km以上10Km未満: 4,100円 → 4,200円
・ 片道10Km以上15Km未満: 6,500円 → 7,100円
・ 片道15Km以上25Km未満: 11,300円 → 12,900円
・ 片道25Km以上35Km未満: 16,100円 → 18,700円
・ 片道35Km以上45Km未満: 20,900円 → 24,400円
・ 片道45Km以上55Km未満: 24,500円 → 28,000円
・ 片道55Km以上: 24,500円 → 31,600円

■ 雇用保険料

一般 労働者負担(失業給付関連)   事業主負担 アスベスト拠出金    
失業給付関連 労災関連 合計
平成27年4月〜 5/1000   5/1000 3.5/1000 8.5/1000 13.5/1000 0.05/1000

平成26年度と同じ

                   

# パート労働者の労働保険等
 事業を始めると、多くは従業員を雇用することになりますが忘れてならないのは、年金、保険等の加入です。まぁ常勤職員はなにも考えずに加入させればいいわけですが、パート従業員の場合にはどの様な基準で加入させなければならないのか迷うところです。参考までに以下に記載します。
# 健康保険・年金など
1日又は1週の所定労働時間及び1ケ月の所定労働日数が、通常の労働者の4分の3以上である者は加入させなければなりません

# 労働保険
以下の条件に当てはまる場合にはパート従業員でも雇用保険に加入させなければなりません。
(1) 1年以上引き続き雇用されることが見込まれること。
(2) 1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
 なお労災保険についてはそれ以下の勤務時間の従業員でも加入させなければなりません。

■ 国民年金保険料

平成18年4月〜平成19年3月

月額 13,860円

 

平成19年4月〜平成20年3月

月額 14,100円

前年度比240円UP

平成20年4月〜平成21年3月

月額 14,410円

前年度比310円UP

平成21年4月〜平成22年3月

月額 14,660円

前年度比250円UP

平成22年4月〜平成23年3月

月額 15,100円

前年度比440円UP

平成23年4月〜平成24年3月

月額 15,020円

前年度比80円DOWN。1961年の制度発足以来初めて。

平成24年4月〜平成25年3月

月額 14,980円

前年度比40円DOWN

平成25年4月〜平成26年3月

月額 15,040円

前年度比60円UP

平成26年4月〜平成27年3月

月額 15,250円

前年度比210円UP

平成27年4月〜平成28年3月

月額 15,590円

前年度比340円UP

 ■ 

統計表示