慢性疲労症候群
Top 最終更新日 2017/06/21

★ 慢性疲労症候群患者の歯科治療

 日本でも、1990年頃から症例が報告されたが、それを定義つけたのは米国のCDC(アメリカ疾病予防センター)で、6カ月以上、原因不明の身体を動かせない程の極度の疲労が続くこと。日本の患者数は数十万人と言われる。

※ 鑑別診断: 身体を動かしたくない程の、怠け者症候群。それは私だ!(イッツジョーク)

# 慢性疲労症候群の症状
・ 微熱、頭痛、喉の痛みなどの、風邪のような症状が長く続く。強い疲労、筋肉痛、不眠、強い眠気、脱力感。

統計表示